メイン画像

日本のものづくりを支える企業

日本はかつて、米国に次ぐ世界第2位の経済大国でした。
今はその座を他の国に譲ってはいますが、しかし未だ巨大な経済を動かしていることに変わりはありません。
このような大国になったのは、戦後多くの人びとの努力によるものであることは言うまでもありませんが、やはりクオリティの高いものづくりを行ってきたことによるものと言っても過言ではないでしょう。
他の強豪国が簡単には真似できない技術で、世界の特に金属加工の世界で注目を集めているのがヤマナカゴーキンです。
主力の金型を始め、計測ソリューションの製造、鍛造品の開発、受託解析など幅広い分野で活躍を見せています。
その加工精度は他の追随を許さないレベルを誇っており、1961年から信頼と実績を積み上げてきました。
現在は中国やタイ、シンガポールにもグループ会社を有しており、グローバル展開で積極的な活動を行っています。
また、製品の保守も行っており、安心して長いお付き合いができるような万全の体制が敷かれています。