メイン画像

ビットコインの使い方

ビットコインはマイニングの対価として、あるいはネット上の取引所でリアル通貨と交換することで手に入れることができます。
現在、ビットコインの流通量は12万Bitでその価値はドル建てで換算すると100億ドルほどに達します。
クレジットカードなどと比べるとまだまだ市場自体は小さいですが、日本でもコインの使える店舗が増えてきているのが現状です。
マイニングや交換で手に入れたコインの使い方ですが、まずはコインを貯めておくためのウォレットと呼ばれる銀行口座のようなものをネット上に開設する必要があります。
ウォレットの開設には市場の健全性を保つために運転免許証などの本人確認書類の提示が求められるため、申し込みから開設までには1週間から2週間待たされることもあります。
これによって、もしもルール違反の行為が認められれば、取り引きの当事者の身元が判るようになっています。
ウォレットにはパソコンアプリもあればスマホアプリもあるので、蓄えられたコインはリアル店舗でもネットショップでも使うことができます。
支払い方法は他の電子マネーと変わりませんが、支払い時にわずかに取引手数料が必要になることがあるので注意が必要です。
なお、この手数料はマイニングの対価として採掘者に分配されます。