メイン画像

月経前症候群の症状や対処法を知ろう

女性には男性にはない毎月の生理がありますが、そのことでホルモンバランスの変化が起こり、様々な不調が現れることがあります。
特に月経前症候群は代表的な症状で、生理の3日から10日前に起こるとされています。
主な症状としてはイライラや気持ちの落ち込みなどの精神面の変化、さらにむくみや腰痛、肌荒れなどの不調に悩まされる人も少なくありません。
そしてこうした症状は男性にはないこともあり、理解されにくく、そのことでパートナーとの関係に影響が出てしまうこともあります。
月経前症候群の症状が強く出ているときは無理をせず、安静に過ごしておきたいですが、症状がつらい場合は我慢せず、医療機関に相談することも考えてみましょう。
改善策としては、過度にストレスをためないことも大切ですし、適度に運動を取り入れることもストレスの解消に役立ちます。
体を冷やすことや喫煙や飲酒もよくありませんので、生活習慣の改善も考えておきたいところです。
改善策としては症状がつらい場合は低用量ピルなどの薬を処方してもらうという方法もありますし、薬を使いたくないという場合は女性の健康に役立つサプリメントを活用することもおすすめです。
肌もいつもより敏感となっていますので、新しい化粧品を使ったり、カラーリングを行うことも控えておいたほうが無難です。

関連ウェブサイト