メイン画像

電力自由化は当然の流れであり、消費者は選べる権利を得ました

電気事業は社会を支えるインフラであり、そのため実質的に世間がお墨付きを与える形で地域内の一社独占状態が半ば容認されてきました。
実際に地方の大手電力会社がインフラの管理と電力供給を一括で進めるのは決して悪い事ではありません。
そのおかげで日本は先の高度経済成長時代から目覚ましい発展を遂げたわけですから、仕組み自体が悪いとは断言出来ないのですが、残念ながら地方の大手電力会社は長年、一般的な市場競争に晒されていなかったため、殿様商売に陥っていた面が否めません。
東日本大震災や福島原発事故、そしてその後の対応を鑑みれば残念ですが、電力自由化は当然の流れだったのかもしれません。
電力自由化によって消費者は、プロバイダや携帯電話のプランを吟味するかのように、数ある新電力会社の中から、自宅に合ったプラスをピックアップ出来るようになりました。
脱原発や自然エネルギーに関心がある方なら既存の大手電力会社から、新しいクリーンエネルギーを中心に発電する会社に乗り換えましょう。
またネットプロバイダーやケーブルテレビ、携帯電話、ガスといった別のインフラ系企業が電力事業に参入しており、既に家庭でそういったサービスを契約しているなら、参入業者が示すお得なセットパッケージの契約を結んでみましょう。
電気代とネットプロバイダーの維持費、それぞれを別々に支払うよりも、ネットプロバイダーの提案するお得なセットプランと契約すれば、トータルで支払うコストが大幅に引き下げられます。